スーパーの携帯メルマガ

某食品スーパーのメールチラシを、携帯にセットしてあるときがありました。特売にあわせてメールが来ましたが、内容を細かく見るかというとまず見ませんでした。なぜかというと、基本的にメールのいつも内容は同じで、セットされているものが自動配信されていたのではないかと思います。そしてそのサイトにアクセスしても、ダウンロードするのに時間がかかり、詳細を見るためにはまた時間がかかり、料金もかかってしまう。結果的に、携帯に来るメールチラシは、着信した時に、本日は特売初日ですというお知らせにしかなっていない状況でした。

最近は、携帯のネット環境もかなり変わり、パソコンでネットにアクセスする人が増えてきました。人それぞれ、色々と価値観も利用方法もありますが、折込チラシも細かく見る人と、色とか構成によって自分のよく利用する店からのものだとわかると、日替わり商品が何であるかを確認する程度で買い物に行く人とあります。携帯の画面も大型化してきましたが、万能ではありません。また多くの人は、携帯よりもパソコンでの確認をするほうが多いと思います。チラシ情報を利用している人は、お店としてはお客様にサービスとしてやっているつもりですが、お客様以外に、競合店から確認に使われていることも多いのが実態です。だからといっても「広告」ですので、よほど早く配信しない限りは問題ではありません。あらゆる情報は、テレビ、ラジオ、インターネットなどを通して得ることが出来るので、最近では新聞を取らない、活字離れをしている人も増えてきているようです。新聞を読むにしても、会社に行けばあるとか、特に必要を感じなくなってきています。

情報の質としても、ただのお知らせから、それ以上のメリットを含むものがひつよとされてきている、内容が変わっていかなければならない時代になってきているのではないでしょうか。パソコンの性能もどんどん進化し、ダウンロードするのに待ち時間もほとんどなしに開けるようになってきました。こちらから発信していくことは大切ですが、情報は、必要とするものを、自ら取りに行く時代になっています。そしてそこにはやはり得になることが含まれているのが常識的にもなっています。ホームページで見るわけなので、そこでクーポンが発行されると、買物に行く時にはやはり嬉しいし、また動機付けにもなります。

そのクーポンの中には、その人が必要とするもので全て揃っていることはキーポイントになります。ダウンロードしたクーポンは、何枚でも発行することが出来ます。しかし食品となると、いっぱいあれば良いという物でもありません。どれだけ出すかは、その人の勝手ですが、必要以上にプリントもしないでしょう。それを近所の人に配ることもあるかもしれません。

記事が掲載された雑誌

クリックしていただくと
記事が表示されます

販売革新
2007年10月号

「モノ」ブランドから
「ヒト」ブランドをつくる
加藤夕紀子先生
(M&C研究所所長)との
特別対談

販売革新
2008年3月号

小売業を志す皆さんへ
一人一人のわが店の
お客さまの「満足」を
追求しよう

月刊マーチャンダイジング
2010年9月号

間違いだらけのポイント
戦略から抜け出す
10の心得

月刊マーチャンダイジング
2011年11月号

元食品スーパー社長が
提案!
SM、CVSに負けない
Dg.S「フード」は
こうつくる