毎日が記念日

生活には変化を求めます。記念日やお祝いなどは、いつもとちがうことをします。食べるというシーンでも、お祝い事ではご馳走が用意されます。別に国が決めているわけではないので、自分が好きに決めればよいのですが、意外に限定されていることが多いようです。

でも今は自分にご褒美という人も多い時代です。何かちょっとしたことで記念日にすることは大切な提案でもあります。ディズニーアニメで、不思議の国のアリスやくまのプーさんでは、風が強く吹いている日に風の日おめでとうとか、私が生まれなかった日とか、何もなかった日おめでとうなど、発想としてはすごくシンプルでいいなと感じることが多くあります。このように発想できるから、いつの世になっても夢を感じることが出来るのでしょうね。

いつもの生活の中にも、このようにシンプルに、ほんの少しのことをクローズアップすることは気持ちしだいで簡単に取り入れることが出来ます。
記事が掲載された雑誌

クリックしていただくと
記事が表示されます

販売革新
2007年10月号

「モノ」ブランドから
「ヒト」ブランドをつくる
加藤夕紀子先生
(M&C研究所所長)との
特別対談

販売革新
2008年3月号

小売業を志す皆さんへ
一人一人のわが店の
お客さまの「満足」を
追求しよう

月刊マーチャンダイジング
2010年9月号

間違いだらけのポイント
戦略から抜け出す
10の心得

月刊マーチャンダイジング
2011年11月号

元食品スーパー社長が
提案!
SM、CVSに負けない
Dg.S「フード」は
こうつくる